コンセプト

history 歴史

室町時代、守護として山口を中心に治めていた大内氏は、 京都をはじめ朝鮮半島や中国大陸から様々な文化、学問、宗教を取り入れ、 西国一といわれるほどの経済的発展とともに文化あふれる個性的なまちづくりを行いました。 第31代当主大内義隆は、フランシスコ=サビエルの布教の願いを寛容な心で受入れ、 翌1552年旧暦12月9日(西暦12月24日)、山口の地で降誕祭が行われました。 これが日本で初めてクリスマスが祝われた日と記録されています。

史料 松田毅一・川崎桃太訳『フロイス日本史』中央公論社 村上直次郎訳注『続異国叢書 耶蘇会士日本通信(豊後篇)』上・下、一九三六年、帝国教育会出版部

history 歴史

project [企画]

合い言葉は、「12月、山口市はクリスマス市になる」

大内義隆とフランシスコ・サビエルの「きずな」を賛美し、 大切な家族や仲間との「きずな」、 サビエルを魅了した日本各地との「きずな」を深め温め合うまち。 わたしたちクリスマス市民は、 歴史に学び、平和で寛容な心の文化が開花する、 まちの未来を創造します。

YAMAGUCHI X-MAS CITY
project 企画

representation [表現]

representation [表現]

keyword[カギ]

keyword[カギ] 大内義隆 フランシスコザビエル Xavier X-mas

2者が融合する中心から、大内菱が浮かび上がる。
山口文化に京都文化や大陸文化が融合して生まれた、
大内文化を象徴している。

keyword[カギ] 山口市市木のイチョウ色 大内義隆 パンプローナ市 フランシスコザビエル